【同素材のベストもございます!】Jackman ジャックマン ビッグワッフル ベスト 3カラー
new
5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc 5c4bc459787d8435152f36cc

【同素材のベストもございます!】Jackman ジャックマン ビッグワッフル ベスト 3カラー

¥11,880 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • マスタードー/サイズS(ラスト1点)

  • マスタード/サイズM

  • マスタード/サイズL

  • ネイビー/サイズS

  • ネイビー/サイズM

  • ネイビー/サイズL(ラスト1点)

  • ブラック/サイズS

  • ブラック/サイズM

  • ブラック/サイズL(ラスト1点)

■アイテム説明■ させていただきます。っそく動いているジャックマンのワッフルカットソーですが、同素材を使ったベストもございます! 表情あるニットライクなビッグワッフルに、こちらもネック・襟ぐり・裾部分に畝のあるリブを施しています。 レイヤード使いがメインのベストだけにミッドネックではなくクルーネックのデザインに。襟付きシャツ、ノーカラーシャツ、クルーネックのカットソーと何でも来いのスタイリングしやすい仕上がりです。 こちらは胸ポケットをワンポイントに。 肉感と存在感あるベスト。 4月まではアウター&シャツやカットソー1枚では肌寒い日が続きますので、アウターとシャツやカットソーをつなぐ優秀なミドルレイヤーとしてかなり重宝いただけるでしょう。 色はマスタード、ネイビー、ブラックの3カラーです。 ワッフルカットソーでも展開していますが、個人的イチオシがこちらのマスタード。濃過ぎず薄過ぎずのオールシーズンで使いやすい色味が魅力。特に差し色が気分という方はグッと来られると思いますよ! インナーはやっぱり白との相性が最高。パンツは色々試してみたんですが、イギリス軍スラックスのブラウンとの合わせが特にハマりましたね。いや、このブラウンの色味もほんと最高です。 カットソーと比べるとゆったりとしたサイジングなので、こちらはS/M/Lの3サイズでご用意しました。スタイリングはSサイズ着用しています。着こなし方によりますが、基本いつものサイズをチョイスしていただければ。 今の時期はミドルレイヤーとして大活躍してくれる上、Tシャツとレイヤードすれば夏でも使えるのもベストの大きなメリット。欲しいものがぼんやりしがちなこんな時期はとりあえずシーズンレスで使えるものをゲットしておくのも正解です。 [カラー] マスタード/ネイビー/ブラック [素材] コットン100% 日本製 [サイズ] S/M/L 肩幅/身幅/着丈/ 42cm/52cm/67cm 44cm/54cm/68cm 46cm/56cm/70cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/56kg ■ブランド説明■ 【Jackman/ジャックマン】 Jackman (ジャックマン)は現ヒットユニオンの前身、1949年に福井県で創業された、田邊莫大小(タナベメリヤス)製作所の確かなモノ作り技術と創業者である田辺貢の精神を受け継ぎ誕生したファクトリーブランド。田辺貢は戦後アメリカンスポーツ、アメリカンベースボールに憧れ脱サラし工場を設立。当初はストッキングだけの製造でしたが、野球狂であった田辺貢は、アイデアマンとして次々と新たな技術を生み出し、その後ユニフォームやグラブの製造まで手掛けていきます。見栄をはることで豊かな心を得たいーそんな思いが裏にはありました。Jackman(ジャックマン)はその創業時からの技術と精神を引き継ぎ 独自の視点での“あまのじゃく”なモノづくりにより着る人に高度な満足感を提供しています。 ブランド名の"Jack"とは"ホームラン・高く打ち上げる"の意味を持ち、それは創業者、田辺貢の憧れていたアメリカンベースボールに由来しています。コンセプトは「アメリカンスポーツフリークのワードローブ」Made in Japan、Made in USAを中心としたこだわりのプロダクツは、熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者が愛着を持ってストックし、古いものに新しいものを加えて完成させていく…そんなワードローブを目指しています。