【機能性とファッション性を兼備】WORKERS ワーカーズ ハンティングベスト コットンリネン/コードレーン
new
5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd 5cc4fb82d211bf624e9e7cfd

【機能性とファッション性を兼備】WORKERS ワーカーズ ハンティングベスト コットンリネン/コードレーン

¥17,280 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ネイビー/サイズ36

  • ネイビー/サイズ38

  • ネイビー/サイズ40

  • ネイビーST/サイズ36(ラスト1点)

  • ネイビーST/サイズ38

  • ネイビーST/サイズ40(ラスト1点)

■アイテム説明■ ベスト大好きcomodaなんですが、正直今季はグッとくるベストにあまり出会えず、、。 今後ミリタリーで良いものが発掘される可能性もありますが、現時点ではラインナップは少なめです。 でもそんな時こそ実績のある定番アイテムがすごく頼りになります。 毎シーズンおすすめしているWORKERSのハンティングベストです。 ビンテージのハンティングベストをデザインソースに、現代の街着へとアップデートした一枚。 両脇に一室と二室のポケット。フロントにはハンチングベストの代名詞とも言える三日月ポケット。さらに内ポケットが左右に一つずつと、ただでさえ面積の少ないベストに、なんと計6つのポケット。しかも三日月ポケットと脇の一室は大容量です。 ポケットを着て歩くようなベスト。 そんな表現がしっくりときます。 手ぶら派の皆さん、朗報です。携帯、財布、キーホルダー、全てがこれ一枚に入りますよ。 夏のベストということで生地は平織りのコットンリネンとコードレーンを使用。コットンリネンは3.8オンスととても薄くて軽い生地感。でも表地・裏地の二重使いなのでペラペラした感じはありません。 コードレーンとはストライプ柄が特徴の平織りの織物のこと。 どちらかというとジャケットやスラックスによく使用される綺麗めの生地を、アウトドア的デザインのハンティングベストに取り入れるミスマッチがデザイナーの狙いです。 ネイビー×ホワイトのストライプがとても涼し気で、暑い時期に白やグレーのTシャツと合わせたくなる雰囲気です。 でもストライプあるあるで、着用画像では反射して全く魅力が伝わらず 。ハンガー画像にて生地柄の雰囲気をお確かめください。 コードレーンは4.7オンス。コットンリネンより少し厚め。でも一般的にジャケットやパンツに使うものより薄手のものを選んでいるので、暑い時期でも問題無く使えます。 しかしこのVゾーンは相変わらずよく出来ていますね。中に襟のあるものを着ても、無いものを着ても収まりが良いように、深すぎず、浅すぎずの絶妙な線を描いています。 元々は狩猟で獲物や道具を入れて両手をあけるための「道具服」なハンティングベスト。そんなアウトドアのディテールをしっかり踏襲しているのに、野暮ったさは一切なし。 それはシルエットだったり、襟ぐり幅、比較的狭くかつ直線的なVゾーンなど、何度もパターンを引き直し生まれたデザインによる賜物。洗い済みで特にコットンリネンはパッカリングも盛大、立体感がばっちり出ているのでTシャツのようなシンプルなアイテムとレイヤードしても映えます。 細部まで作り込まれたアイテムだけに、毎度プライス設定には驚かされます。WORKERSだからこそ出来る業。 コットンリネンとコードレーン、どちらを選ばれてもきっとご満足いただけるはずです! [カラー] ネイビー(コットンリネン) ネイビーストライプ(コードレーン) [素材] コットン50%/リネン50%(コットンリネン) コットン100% 日本製 [サイズ] 36/38/40 肩幅/身幅/着丈/ 36cm/50cm/62cm 36cm/52cm/62cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/56㎏ サイズ36着用 ■ブランド説明■ 【WORKERS/ワーカーズ】 岡山発のブランド。企画・デザイン・パターンワーク・生産・営業までをデザイナーが一人で手掛けています。ワークやミリタリーだけでなくアメリカントラッドにも精通するデザイナーが手掛けるブランドだけあって、その展開はワークウェアからドレスウェアまで多岐に渡ります。「単価もブランドイメージの一つ」の考え方から製品にかかる以外のコストは徹底的にカットし、「より良いものを少しでもリーズナブルに」の姿勢で今日もモノづくりに励んでいます。