【新ブランド!まずは定番チノから!】A VONTADE ア ボンタージ ワイドチノトラウザー ベージュ/ナチュラル
new
5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb 5d370f9108382942f2e6cedb

【新ブランド!まずは定番チノから!】A VONTADE ア ボンタージ ワイドチノトラウザー ベージュ/ナチュラル

¥20,520 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ベージュ/サイズS

  • ベージュ/サイズM

  • ベージュ/サイズL

  • ナチュラル/サイズS

  • ナチュラル/サイズM

  • ナチュラル/サイズL

■アイテム説明■ 今季よりcomodaでお取り扱いがスタートするA VONTADE。 色々なお店さんでEELやSTILL BY HANDと並びセレクトされていることが多いブランドですのでご存知の方も多いのではないでしょうか。 光栄にも年初にオファーをいただけ、この秋よりお取り扱いがスタートする運びとなりました。 古き良き時代の欧米のワーク、ミリタリー、ドレスに精通するデザイナーが手掛ける洋服の数々。 ヴィンテージの受け継ぐべきデザインや素材、機能性はしっかり継承しつつ、今の時代に必要な価値観、緻密さをバランス良くプラスすることでオリジナリティーのある洋服へと進化させています。 華美なデザインが施されるわけではなく、ベースはあくまでシンプル。 各アイテムからはワーク・ミリタリーならではの無骨さと、ドレスのきっちり感を感じ取っていただけます。 大人が楽しめるカジュアル。 間違いなくcomodaが目指すスタイルに欠かせない存在になるでしょう。 まさに名実揃ったブランド。 そして展示会てに、A VONTADEのお取り扱いを決めるきっかけとなったので、このワイドチノでした。 とにかくシルエットが絶品過ぎました。 「45カーキ」の通称でお馴染みの1945年の米軍チノパンをデザインソースに、オリジナルの太さを残しつつ股上は少し深めに設定したというシルエット。 軽くテーパードをかけた太すぎないシルエットは、とにかく穿きやすいワイドパンツというのが個人的印象です。 確かにドカンなストレートシルエットがお好きな方には、2サイズくらい上げないと物足りないかもです。 でも、ちょっとこなれた感じでワイドパンツを取り入れたい方には打ってつけ。万人受けするワイドシルエット、そんな感じでしょうか。定番としてリリースされ続けているのも頷けます。 素材は高密度に織り込まれたセルビッチチノ。脇はもちろんセルビッチ使用です。 高密度でハリがありつつも、ワンウォッシュ済みで柔らかい質感と風合い豊かな面構えに仕上がっております。良い生地ですよー、これは。 後ろポケットをフラップ付にアレンジしている程度で、派手で分かりやすいデザインは皆無。シルエットと素材で勝負の職人気質な一本です。 一度穿けば、惚れていただく自信ありです! [カラー] ベージュ/ナチュラル [素材] コットン100% 日本製 [サイズ]S/M/L ウエスト/股上/股下/ワタリ幅/裾幅 38㎝/29.5cm /77cm /30㎝/23cm 40㎝/30 .5cm /78cm /31㎝/23.5cm 42㎝/31cm /79cm /32㎝/24cm ※着用画像:168cm/56kg サイズ着用 ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンタージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。