【様々な上着の要素をブレンド!】WORKERS Relax Teds Jacket ダブルクロス カバーオールジャケット
5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc 5d610923bf1a8740d0762bcc

【様々な上着の要素をブレンド!】WORKERS Relax Teds Jacket ダブルクロス カバーオールジャケット

¥35,640 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ネイビー/サイズ36

  • ネイビー/サイズ38

  • オリーブ/サイズ36

  • オリーブ/サイズ38(ラスト1点)

■アイテム説明■ デザイナー自身が「デザインしたな」という実感を強く感じたというこのカバーオールジャケット。 その言葉通りに、カバーオール的な全体のシルエットをベースに、台襟・羽襟、スポーツジャケット的カフス、テーラードジャケット的なダブルステッチや内ポケット、そしてカーコート的なチェンジポケットと、さまざまな上着の仕様が取り込まれています。 結果、ドレス、ワーク、そしてカジュアルにと、スタイルを選ばず合わせやすいオンリーワンンと言えるジャケットに仕上がりました。 フレンチと思しきジャケットを解体しトレースしたという型紙は、リラックスなシルエット。身幅が広く、特に袖も太いので実際の数値以上にゆったりと感じられるサイジングです。 そして一番特徴的なのがフロントの大きく湾曲した部分。 ボタンの位置もまっすぐではない独特な形状。 これが結果として、着た時に身頃に立体的なゆとりとシルエットを生み、またアイキャッチなデザインにも。 生地は浜松産のダブルクロスを使用。 簡単に言うと2枚の生地を1枚に合わせた二重織り生地のこと。なので生地にかなり厚みがあるうえ、高密度織りによる光沢もありとても高級感があります。固い質感はアタリも出やすいので、着込むことでカバーオールらしいアジも出てきそうですね。 サイズ感ですが、36サイズ着用で、ご覧の通りのリラックスシルエット。通常WORKERSの36はS相当なんですが、このジャケットに関しては36がS-M相当、38がM-L相当のサイズ感イメージです。 太めの袖と湾曲したフロントによる立体的な身頃が、数値以上にゆったりと感じさせます。 なので普段Sサイズ体型の方でしたら36サイズでもかなり中に着こめますよ。特にネイビーのスタイリングでのボンタージのパーカーなんてけっこうな肉厚なんですが、余裕で着込めています。やっぱり袖幅と肩幅が広いとレイヤードがかなり楽ですね。 ジャケット自体もがっしりとした肉厚のダブルクロスで、さらに中にインナーダウンやウールセーターを着込めば、地域差はあるとはいえ、これで真冬も越えられます。 でもその分、僕みたいな体型だとリラックス過ぎてドレス的な着こなしはちょっと難しいです。スタイリングのように太いパンツとカバーオール的にカジュアル寄りに着こなすのがしっくりきますね。 普段MやL体型の方でしたら、テーパードのパンツと合わせてジャケット感覚でスタイリッシュに着こなすのもかっこよさそうです。 [カラー] ネイビー/オリーブ [素材] 表地:コットン100%(ダブルクロス) 裏地:コットン100%'(ツイル) 袖裏:キュプラ100% [サイズ] 36/38 肩幅/身幅/着丈/袖丈 45cm/52cm/69cm/60cm 56cm/55cm/70cm/62cm 58cm/75cm/88cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/55㎏ サイズ36着用 ■ブランド説明■ 【WORKERS/ワーカーズ】 岡山発のブランド。企画・デザイン・パターンワーク・生産・営業までをデザイナーが一人で手掛けています。ワークやミリタリーだけでなくアメリカントラッドにも精通するデザイナーが手掛けるブランドだけあって、その展開はワークウェアからドレスウェアまで多岐に渡ります。「単価もブランドイメージの一つ」の考え方から製品にかかる以外のコストは徹底的にカットし、「より良いものを少しでもリーズナブルに」の姿勢で今日もモノづくりに励んでいます。