【3シーズン対応のオリジナル生地!】Jackman GG SWEAT PARKA ジャックマン スウェットパーカー 杢チャコール/ スミクロ
new
5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8 5d9285b0bc45ac582b8dd6b8

【3シーズン対応のオリジナル生地!】Jackman GG SWEAT PARKA ジャックマン スウェットパーカー 杢チャコール/ スミクロ

¥17,600 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • 杢チャコール/サイズS

  • 杢チャコール/サイズM

  • 杢チャコール/サイズL

  • スミクロ/サイズS(ラスト1点)

  • スミクロ/サイズM(ラスト1点)

  • スミクロ/サイズL(ラスト1点)

■アイテム説明■ やっぱりジャックマンをお取り扱いしているのなら、このスウェットパーカーをセレクトしないわけにはいきません。 福井県にある自社工場にて、Union Specialなど数種類のミシンで徹底した品質管理のもと生産される、正真正銘のMADE IN JAPANのジャックマンのアイテム。 その中でもスウェットはジャックマンが最も得意とするところです。 独特の粗引き感のあるヘビーウェイトの生地。 厚手ながら、ふんわりとした柔らかな質感。3シーズンで使えるように敢えて裏起毛はさせず、厚手ながらもインナーとしても収まりの良い絶妙な肉感。 ワッフルと並び、ジャックマンの代名詞的存在と言えるオリジナル素材です。 一見、シンプルなジップパーカーに見えて作りは泊まりに超重厚。 フードは2枚仕立てすることでボリューミーで綺麗なシルエットに。ダブルジップのファスナーはUNIVERSAL社製。 また袖は前がセットイン、後ろがラグランのスプリットラグランを採用。 セットインのすっきりしたシルエットと、ラグランの腕の可動域の広さの両方を実現できる、良いとこ取りのデザインです。 極めつけは、永く着用できるようにと負荷のかかる部分は地縫い後、もう一度同じ箇所をカバーリング縫製して補強するという徹底ぶり。 と、着心地の良さ、シルエットの良さ、クオリティに徹底的に拘り作り上げた1枚です。 なのにこのプライス。自社工場&企業努力があってこそです。 各ブランドがこぞってリリースする激戦区のスウェットパーカーですからね。逆に言えば、このレベルのものを作らなければ生き残れないということでしょう。 定番だけあって、シルエットは少しゆとりがあるくらいのジャストに近いサイズ感。ですが伸縮性があってアームホーもゆとりがありますので、中にも十分着込めますし、インナー使いした際のアウターとの丈のバランスも考慮すると、基本いつものサイズをおすすめ致します。 スミクロとはグレー寄りの黒。チャコールに近い、黒がくすんだような色合いです。 シックな印象の黒に比べて、スミクロは軽やかで抜け感もありますね。同じ黒でもスミクロはよりカジュアルな印象。 なのでテーラードジャケットやスラックスといったフォーマルなウェアーより、今回のパーカーようなカジュアルなウェアと相性が良い色ではないでしょうか。 今回はオリーブのアウターと合わせましたが、黒のアウターと合わせて濃淡で魅せるスタイリングも良さそうです。 今季のスタイリングはパーカーを要所要所でうまく取り入れていきたいなと目論んでおります。 個人的にはプルオーバーのパーカーの方が好みなんですが、せっかくのジャックマンのジップパーカーを展開できるわけですから、スタイリングのレベルを上がていきたいです。 [カラー] 杢チャコール/スミクロ [素材] コットン100% 日本製 [サイズ] S/M/L 肩幅/身幅/着丈/袖丈 48cm/51cm/62cm/60㎝ 49cm/53cm/63cm/61cm 50cm/55cm/65cm/63㎝ ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/56kg サイズS着用 ■ブランド説明■ 【Jackman/ジャックマン】 Jackman (ジャックマン)は現ヒットユニオンの前身、1949年に福井県で創業された、田邊莫大小(タナベメリヤス)製作所の確かなモノ作り技術と創業者である田辺貢の精神を受け継ぎ誕生したファクトリーブランド。田辺貢は戦後アメリカンスポーツ、アメリカンベースボールに憧れ脱サラし工場を設立。当初はストッキングだけの製造でしたが、野球狂であった田辺貢は、アイデアマンとして次々と新たな技術を生み出し、その後ユニフォームやグラブの製造まで手掛けていきます。見栄をはることで豊かな心を得たいーそんな思いが裏にはありました。Jackman(ジャックマン)はその創業時からの技術と精神を引き継ぎ 独自の視点での“あまのじゃく”なモノづくりにより着る人に高度な満足感を提供しています。 ブランド名の"Jack"とは"ホームラン・高く打ち上げる"の意味を持ち、それは創業者、田辺貢の憧れていたアメリカンベースボールに由来しています。コンセプトは「アメリカンスポーツフリークのワードローブ」Made in Japan、Made in USAを中心としたこだわりのプロダクツは、熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者が愛着を持ってストックし、古いものに新しいものを加えて完成させていく…そんなワードローブを目指しています。