【きっちりさと緩さを兼備】Jackman SWEAT TROUSER ジャックマン スウェットトラウザー スミクロ
new
5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef 5d953382ff78bd4275f226ef

【きっちりさと緩さを兼備】Jackman SWEAT TROUSER ジャックマン スウェットトラウザー スミクロ

¥17,600 税込

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • スミクロ/サイズS

  • スミクロ/サイズM

  • スミクロ/サイズL

■アイテム説明■ 先日ご紹介しましたジャックマンのスウェットジップパーカーのスミクロ。 個人的にもその色味がとても気に入ったので、パンツもご用意してしまいました。 と言っても、ついでにセレクトしたという存在感代物ではありません。こちらも今やジャックマを代表するアイテムです。 スウェットパーカーと同素材を使用したスウェットトラウザー。 スウェットパンツではなく、スウェットトラウザー。ここけっこう重要です。 スウェット素材のイージーパンツではなく、しっかりとトラウザー。 ですので、フロントはベルトループ+前立ての面構え。ウエストコードは無し。あくまでベルトで締める仕様。兼備タイプが多い中、なかなか男前なディテールです。 でもご安心を。ウエスト裏は総ゴムなので、ウエストはかなり伸びますので。 少し緩めの腿周りで裾にかけては、強めのテーパードのシルエットもスラックスのそれ。 一方でバックサイドはパッチポケットと、カジュアルな要素も取り入れてカッチリとはし過ぎないように。 見た目のトラウザー感を意識しながら、ウエストのゴムに加え、股にマチを付けて可動域を広げる等、スウェットパンツならではストレスレスな履き心地は手を抜かない、そんな印象の一本です。 スタイリングはこんな感じで。 黒とスミクロの色味のコントラストを活かしたコーディネイト。 これで真っ黒のテーパードパンツならカッチリし過ぎるところを、スミクロの軽さとカジュアル感がソフトな印象に。 スウェットのヌケ感も、レザージャケットの上品さとバランスよく調和してくれて、なかなかお気に入りのスタイリングとなりました。 ご覧の通りの、少し緩さのある美テーパードシルエット。 加えてスミクロの色味とスウェットの素材感。 つまり盤石のシルエットとニュアンスを出せる色と素材が融合した一本というわけです。 [カラー] スミクロ [素材] コットン100% 日本製 [サイズ] S/M/L ウエスト/股上/股下/わたり幅/裾幅 36-42cm/27cm/71cm/27㎝/17cm 37-44cm/27cm/73cm/27.5㎝/17.5cm 38-46cm/28cm/74cm/28㎝/18cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/56kg サイズS着用 ■ブランド説明■ 【Jackman/ジャックマン】 Jackman (ジャックマン)は現ヒットユニオンの前身、1949年に福井県で創業された、田邊莫大小(タナベメリヤス)製作所の確かなモノ作り技術と創業者である田辺貢の精神を受け継ぎ誕生したファクトリーブランド。田辺貢は戦後アメリカンスポーツ、アメリカンベースボールに憧れ脱サラし工場を設立。当初はストッキングだけの製造でしたが、野球狂であった田辺貢は、アイデアマンとして次々と新たな技術を生み出し、その後ユニフォームやグラブの製造まで手掛けていきます。見栄をはることで豊かな心を得たいーそんな思いが裏にはありました。Jackman(ジャックマン)はその創業時からの技術と精神を引き継ぎ 独自の視点での“あまのじゃく”なモノづくりにより着る人に高度な満足感を提供しています。 ブランド名の"Jack"とは"ホームラン・高く打ち上げる"の意味を持ち、それは創業者、田辺貢の憧れていたアメリカンベースボールに由来しています。コンセプトは「アメリカンスポーツフリークのワードローブ」Made in Japan、Made in USAを中心としたこだわりのプロダクツは、熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者が愛着を持ってストックし、古いものに新しいものを加えて完成させていく…そんなワードローブを目指しています。