【両A面のステンカラーコート!】A VONTADE REVERSIBLE BALMACAAN COAT ア ボンタージ リバーシブル バルマカーンコート ベージュ/千鳥格子
new
5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973 5e01dc63da896409bafc4973

【両A面のステンカラーコート!】A VONTADE REVERSIBLE BALMACAAN COAT ア ボンタージ リバーシブル バルマカーンコート ベージュ/千鳥格子

¥79,200 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • サイズS(ラスト1点)

  • サイズM

■アイテム説明■ 今季comoda初登場ながら、絶好調のボンタージ渾身のバルマカーンコートです。 皆さん、知ってました? ステンカラーコートって和製英語で海外では全く通用しないんですって。で、我々がステンカラーコートと称するデザインのコートは海外ではバルマカーンコートと呼ばれているわけです。 ネットで拾ってきた付け焼刃の知識なので細かい突っ込みはご容赦くださいね笑 齢43歳、こんな仕事をしていながらまだまだ知らないことだらけです。 つまり今回はボンタージのステンカラーコート。しかもリバーシブル仕様です! 無地ベージュ側はステンカラー、ラグラン、比翼、フラップポケットと典型的なステンカラーコートのデザイン。もちろんビジネス使いも想定してのデザインワークです。 コットン/ポリエステル/ナイロン混紡糸で超度詰めに織りたてたポプリンを採用。表面を少し微起毛させたマット面構え。質感はどこかラバーライクです。 ポリエステル効果でシワが付きにくく、ナイロン効果で撥水性も高いのも大きなメリット。 そしてリバースするや一転!柄側はウール100%素材です! しかも千鳥格子柄。 千鳥格子なんて言われると日本発祥かな?なんて思っちゃいますが、いえいえ、イギリス発祥の伝統格子柄。欧米では、柄が猟犬(ハウンド)の牙(きば=トゥース)のようなとがった形にみえることから「ハウンド・トゥース」と言われています。 なんか今日はマメ知識の連発ですね笑 そんなネット情報を自慢げにひけらかしたくなるほど、今回も素晴らしい生地を、しかもリバーシブルで搭載してくれたボンタージさんに脱帽です。 加えて、片やウール100%生地、片や防風性・撥水性に優れた超度詰め生地。それら二枚の生地をね合わせているわけですから保温性もかなりもの。 もちろん素材だけではありません。 無地側と同じデザインなんて野暮なことは致しません。 ステンカラー&ラグラン仕様は同じながら、フロントは比翼仕様ではなく、ポケットも箱ポケに。柄が特徴的な分、デザインをよりシンプルに仕立てた印象です。 身幅、袖幅をたっぷりとったオーバーサイズのシルエット。 今回はS/Mサイズ展開です。この2サイズで大抵の体格の方はカバーできるかと。着られる方の体格によって色々なシルエットを見せてくれそうです。 結局片面しか使わない。 リバーシブルあるあるですが、このコートに限ってはその定説は一切当てはまらないでしょう。 両サイドでガラッと変わる雰囲気。 大人がオンオフ問わず最高品質のコート。 もしかしたら使わない日が無い!なんてことになるかもですよ。 [カラー] ベージュ/千鳥格子 ※リバーシブル仕様 [素材] 無地:コットン68%/ポリエステル21%/ナイロン11% 柄:ウール100 % 日本製 [サイズ]S//M 身幅/着丈/裄丈 60cm/99cm/87㎝ 63cm/10cm/89㎝ ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンダージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。