【絶妙な色味とリラックス感!】A VONTADE Reverse Crew Sweat ア ボンタージ リバースウィーブ クルーネック スウェット アンバー/ネイビー
new
5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15 5e30dd6cc78a53708e1b4a15

【絶妙な色味とリラックス感!】A VONTADE Reverse Crew Sweat ア ボンタージ リバースウィーブ クルーネック スウェット アンバー/ネイビー

¥16,500 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • アンバーミックス/サイズS

  • アンバーミックス/サイズM(ラスト1点)

  • アンバーミックス/サイズL(ラスト1点)

  • ネイビーミックス/サイズS

  • ネイビーミックス/サイズM

  • ネイビーミックス/サイズL(ラスト1点)

■アイテム説明■ この色味に覚えのある方も多いのでは? そうです、アンバーミックスです。アンバーとは薄い褐色の意味で、杢ベージュのような色味。 展示会でこの色味に惚れ込み、昨年はプルオーバーパーカーとタートルネックで展開。どちらも好評いただきました。メーカーさんもこの色に手応えがあったようで、この春もクルーネックのスウェットで継続となりました。 しかし、シンプルなスウェットのセレクトは久々な気がしますね。 Twitterでも書きましたが、最近はクルーネックのカットソーやニットをざっくりと、パンツは細めのバランスが気分。その流れからのセレクトです。 パーカーやタートルネックと同じシルエット。この、いつものサイズで着るとちょうど良い塩梅のゆったりさとアームホールの太さや袖リブを活かしたたゆみによる絶妙なリラックス感が個人的にめちゃくちゃ気に入っています。 硬くて太い空紡糸を双糸にして、さらに超度詰めに編立てた厚みとシャリ味のある裏毛を使ったスウェット地。今回は春夏用ということで裏のパイル面は起毛させず、生地全体の厚みを抑制。 シルエットと素材勝負のボンタージらしいシンプルでスタンダードなリバースウイーブのデザイン。生地を横使い、そして脇にリブパネルを施すことで、縮みの防止と共に横への伸縮性を確保しています。 色はアンバーミックスと、今季はネイビーミックスを新色としてご用意しました。春らしい明るめの、そして杢のネイビーの色味と雰囲気にやられました。どちらも最高の色味、甲乙つけがたしです。 アンバーミックスはSサイズ、ネイビーミックスはMサイズ着用をしています。 先ほども書きましたが、いつものサイズで絶妙なリラックス感。基本はいつものサイズで良いと思います。でもこの手のプルオーバーのカットソーはサイズはあって無いようなところもありますので、オーバーサイズで着こなすのもかっこいいですね。 春にぴったりの最高級のスウェット。 ぜひ! [カラー] アンバーミックス/ネイビーミックス [素材] コットン100% 日本製 [サイズ]S/M/L 肩幅/身幅/着丈/袖丈 47㎝/55cm /66cm/58cm 49㎝/57cm /68cm/59cm 51㎝/59cm /70cm/60cm ※手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい。 ※着用画像(アンバー):168㎝/56kg サイズS着用 ※着用画像(ネイビー):168㎝/56kg サイズM着用 ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンダージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。