【ダンボールニットの破壊力!】AUDIENCE オーディエンス ライトダンボールニット プルオーバーパーカー チャコール/ベージュ
new
5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a 5e5651a396fa434a1c6e267a

【ダンボールニットの破壊力!】AUDIENCE オーディエンス ライトダンボールニット プルオーバーパーカー チャコール/ベージュ

¥11,550 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • チャコール/サイズM

  • チャコール/サイズL(ラスト1点)

  • チャコール/サイズXL

  • ベージュ/サイズM

  • ベージュ/サイズL

  • ベージュ/サイズXL

■アイテム説明■ オーディエンスのプルオーバーパーカーのご紹介です。 先日のラモンドのブルゾンと同様に、あれば間違いなく使えるアイテム。 オーディエンスといえば、comodaではシャツ系のイメージが強いので意外かもですが、実はカットソーにも力を入れているブランドなんですよ。 昨日ジャックマンの営業さんから聞いたんですが、今はジップパーカーよりプルオーバーパーカーの方が圧倒的に人気なんですって。 パーカーと言えばのジャックマンのやり手営業マンが言うのだから間違いないでしょう笑 僕も今はスティルのシャツパーカーにハマっているので何か分かる気がしますね。 ではなぜ、そんなジャックマンのパーカーを差し置いてこちらのパーカーをセレクトしたのか!? "ダンボールニット"と呼ばれる、空気を含むように2枚の生地をつなぎ合わせたニット素材。 この素材に強く惹かれたわけです。 ダンボールのような断面構造は生地と生地の間にできる空気層に体温の温もりを蓄えるので保温性が高い。 空気を含んだ生地は驚くほど柔らかくて軽い。もちろんストレッチ性もあり。 ハリもあるのでシワになりにくく、シルエットも綺麗に出ます。 と、色々な特徴がある中で、特に気に入っているのがエアリーな膨らみのある生地感とこの艶のあるドレッシーの生地面! 言うなれば、 綺麗なスウェットパーカー。 シャツパーカーとスウェットパーカーの中間の立ち位置。 ありそうでないパーカー。 そんな感じの一枚です。 春なんでアウター代わりに使うことが多いかと思いまして、今回はM~XLサイズでご用意しました。 今回はチャコール/Mサイズ着用です。普段Sサイズ体型の方でも程よくゆったりなくらいのサイズ感です。 エアリーな生地感に加え、身頃を3枚接ぎで構成することで奥行きが出るようデザインされているので、実際に着用するとさらにふんわりさを実感いただけるかと。 コード紐はボディと同色、フロントポケットもカンガルーではなくシームポケットに。 品のある生地感に合わせて、デザインもミニマムでスタイリッシュです。 袖口、裾はリブ付きなんですが、不思議なものでそれによってカジュアルダウンという印象もあまりないんですよね。 やっぱりこの生地感と全体のデザインのせいでしょうか。 パーカーを大人っぽく着こなしたい方、ここに集合です! 【カラー】 チャコール /ベージュ 【素材/生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】M/L/XL 肩幅/身幅/着丈/袖丈 46cm/55cm/65cm/59cm 47cm /57cm/67cm/60cm 48cm /60cm/69cm/61cm ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ※着用画像(チャコール):168cm/56kg サイズM着用 ※着用画像(ベージュ):168cm/56kg サイズL着用 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。