【春夏素材ver登場!】WORKERS LOUNGE JACKET LIGHT CHINO ワーカーズ ラウンジジャケット ライトチノ ネイビー/オリーブ
new
5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0 5e85e4e89df1632c421f58f0

【春夏素材ver登場!】WORKERS LOUNGE JACKET LIGHT CHINO ワーカーズ ラウンジジャケット ライトチノ ネイビー/オリーブ

¥27,500 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ネイビー/サイズ36

  • ネイビー/サイズ38(ラスト1点)

  • ネイビー/サイズ40(ラスト1点)

  • オリーブ/サイズ36(ラスト1点)

  • オリーブー/サイズ38

  • オリーブー/サイズ40(ラスト1点)

■アイテム説明■ この春のビッグトピックスの一つでしょう! WORKERSを代表する名作ラウンジジャケットに、待望の薄手素材で作られた春夏バージョンが登場しました! 7オンスクラスのチノクロスを使用。定番の10オンスよりは薄く、5オンスになるとチノというよりはシャツ生地・ツイルという風合いになってしまうので、ギリギリ「チノ」と感じる厚みを狙ったライトオンスチノとのこと。 実際、しっかりジャケットとしての貫禄も残しつつ、Tシャツの上からガバッと羽織れるような手軽さもあり。 定番とちゃんと差別化された仕上がりとなっています。 色はネイビーとオリーブでご用意。 WORKERSのジャケットをご紹介する際は、タイドアップのジャケパンスタイルが多いんですが、春夏用バージャンということで、ちょっとカジュアル感強めを意識してスタリングしました。  型紙のベースは定番ラウンジジャケットで、前ぶりのある袖、丸みのある身頃、シャツの延長線上で作られた物とは違う、「ジャケットらしさ」をキープしたシルエットです。  特に個人的に好きなのが袖。サイドから見ると前に振り、さらに前から見ると前中心に向かってもカーブしています。これはハンガーで吊った状態でも同じ。吊った状態で見て美しく、着た時には人間の立体的な腕の動きに追従して動きやすく、静止した状態では立ち姿が美しくなるように作図されています。 人間が腕を通した時の自然な形を、そのまま袖の形したようなイメージ。肩幅やアーム幅が極端に太いわけではないのに、肩から腕にかけての動かしやすさにはきっと驚かれるでしょう。 袖裏は無し、袖口は切羽ではなく三巻縫製で丈夫に。デザインは4つポケット仕様にマイナーチェンジが施されました。 サイズ感ですがタイトなテーラードジャケットに慣れている方なら、少しふっくらとしたパターンから生まれるフォルムはややゆったりに感じられると思います。 どちかと言うと、アメトラよりカバーオール的なジャケット。袖裏が無い分、中に着たシャツが引っかからないよう袖も少し太めにデザインするなどカバーオール的な"着易さ"と "気安さ"を狙ってジャケットです。 Tシャツの上からラフに羽織りたくなるのも頷けます。 春のジャケットスタイルに、とても頼りになる一着の誕生です。 [カラー] ネイビー/オリーブ [素材] コットン 100% 日本製 [サイズ] 36(S-Mサイズ相当)/38(M-Lサイズ相当)/40(L-XLサイズ相当) 肩幅/身幅/着丈/袖丈/袖口 42cm/51cm/70cm/62cm/14cm 43cm/54cm/70cm/62cm/14cm 44cm/58cm/72cm/63cm/14cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※168cm/55kg サイズ36着用 ■ブランド説明■ 【WORKERS/ワーカーズ】 岡山発のブランド。企画・デザイン・パターンワーク・生産・営業までをデザイナーが一人で手掛けています。ワークやミリタリーだけでなくアメリカントラッドにも精通するデザイナーが手掛けるブランドだけあって、その展開はワークウェアからドレスウェアまで多岐に渡ります。「単価もブランドイメージの一つ」の考え方から製品にかかる以外のコストは徹底的にカットし、「より良いものを少しでもリーズナブルに」の姿勢で今日もモノづくりに励んでいます。