【スタイリングに革命を!】EEL Products イール プロダクツ 少年パンツ リネン ベージュ
new
5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c 5ec1331651576240f043589c

【スタイリングに革命を!】EEL Products イール プロダクツ 少年パンツ リネン ベージュ

¥25,850 税込

送料についてはこちら

  • ベージュ/サイズS(5/21再入荷分)

  • ベージュ/サイズM

  • ベージュ/サイズL

■アイテム説明■ 「夏のスタイリングに革命を起こすパンツ」  です。  いきなりハードルを上げに上げましたが、その理由をじっくりとご説明していきましょう。  EELの"少年パンツ"です。  アンクル丈のセンタープレス入りスラックスで、年間通してリリースされているEELの定番パンツ。  定番ものはウールギャバジン使用ですが、今回はリネン素材を贅沢に使った今季限定の特別verです!  EELと言えば、前回の風鈴シャツも最高でしたが、今回の素材もイイッ!  リネン100%。リネンシャツのような薄手の生地感ではなく、適度な肉感有り。  天然素材ならではのナチュラルな風合い。  そして極め付きは生地面!  織りが独特。無地は無地でも全然、無表情じゃない。拡大画像でイメージしていただければですが、"小振りなヘリンボーン"という感じ。  自分ではうまいこと表現したつもりですが、伝わりませんかね?笑  まあ僕を信頼してください。めちゃくちゃ良い面してますので!  腰回りと腿回りはゆとりを持たせつつ、裾にかけてはグッと強めにテーパードさせた、いわゆる"腿ゆるテーパードシルエット"  アンクル丈に設定してスッキリな印象と共に少しカジュアル感をプラス。センタープレス入りなので脚長効果もあります。  ディティールはスラックス仕様で、左後ろポケットの三角フラップがちょっとしたアクセントです。  さて、ここからが本題。  「夏のスタイリングに革命を起こす」 の理由の革新に迫っていきましょう。  キーポイントは色味。  これ何色だと思います?  正解はベージュなんです。  限りなく白系に近い色味のベージュ。  実物をまじまじと見ると、確かにベージュです。  でも白パンの気分で穿いていただけます。  何が言いたいかと言うと、、  ホワイト×ホワイトのスタイリングで出来るということです!  ホワイト×ホワイト、やります?しかもショーツじゃなしに。  あんまりやらないですよね?  例えオフホワイトやアイボリーのパンツであっても、やっぱり難しいですもん。  事実、ホワイト×ホワイトを着こなせる方はノンスタイルの石田氏くらいしか僕は知りません。  でも夏だし、そんなスタイリングもやってみたくなるわけです。  はい、この少年パンツなら出来ます。  なぜならベージュだから。  白に近いとはいえ、あくまでベースはベージュ。  なので白×白よりかは全然合わせやすいです。  厳密に言うとホワイト×ホワイト風ですけどね、その気分は十分に味わえます。  自分でも何を言っているか分からなくなってきましたが、つまりそういうことです。  試しに、ラモンドの3/4袖バンドカラーシャツとスタイリング。  白をベースに僅かなグラデーションでお洒落さを表現、、  したつもりです笑  表現出来ているか否かは置いておいて、個人的にはめっちゃ気に入っています。  ホワイト×ホワイトの願望を叶えるパンツ。  さあこの一本で夏のスタイリングに革命を! [カラー] ベージュ [素材] リネン100% 日本製 [サイズ] S/M/L ウエスト/股上/股下/ワタリ幅/裾幅 39cm/31.5cm/60cm/30㎝/20cm 42cm/32.5cm/62cm/32㎝/20.5cm 45cm/33.5cm/64cm/34㎝/21.5cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像:168㎝/56kg サイズS着用 ■ブランド説明■ 【EELProducts/イール プロダクツ】 普遍的で特別な一着を目指し、 ブランドアイデンティティを探求する事をコンセプトに 2003年AWスタート。