【久々のポロシャツ提案!】A VONTADE PAPER KNIT POLO ア ボンタージ ニットポロ フェードブラック/コルク
new
5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403 5ed652c0cee9ea5a0add5403

【久々のポロシャツ提案!】A VONTADE PAPER KNIT POLO ア ボンタージ ニットポロ フェードブラック/コルク

¥19,800 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • フェードブラック/サイズM

  • フェードブラック/サイズL(ラスト1点)

  • コルク/サイズM

  • コルク/サイズL

■アイテム説明■ 上西、今日のアイテム紹介はいつも以上に気合が入っています。  というのも「苦手克服」という裏のテーマがあるからです。  ポロシャツ。  シャツよりもラフに着られてTシャツよりは上品。  カジュアルだけど砕けすぎずの、言わずと知れた夏の必須アイテムです。  にもかかわらず、これまでcomodaでは結果を残せていません。  ポロシャツといえば、の某ブランドのポロシャツをセレクトしたこともありましたが、期待したような結果は得られず。  そのうちに、僕もノーカラーの気分が強くなり、夏はきっちりよりカジュアルなスタイル提案が主流となって、いつしかポロシャツ自体をセレクトしなくなった次第です。  でも展示会で今回のポロシャツと出会って、久しぶりに提案したくなりました。  今回は結果を出せるか否か。  comodaの成長を測るうえでも、負けられない戦いです笑  そして、僕に再びポロシャツを提案する気にさせてくれたのが、ボンタージのニットポロです。  強烈に惹き付けられた理由は2つ。  素材の素晴らしさと衿のデザインです。  というわけでまずは素材から。  ポリエステルの芯に和紙を細かくスリットさせて撚り込んだ特殊な糸で編み立てたニット生地を使用。  和紙素材は一昔は手作業での生産がメインだったため、コストや時間を要して高級素材だったのが、技術の進歩とともに量産可能となり、近年では帽子やバッグに洋服にと様々なアイテムに使用されるようになったとのこと。  ポリエステルと天然繊維の和紙を組み合わせた糸で編まれた生地は、両素材のメリットを兼備。リネンのようなドライタッチな質感で通気性に非常に優れた和紙と、速乾性に優れ、軽さと強度を誇るポリエステルのそれぞれの特性を持ち合わせています。  編み方にも拘り有り。  若干の「透け感」が出るように8ゲージの天竺地で少し緩めに編まれています。この透け感がニット特有のどこかエレガントな雰囲気を醸し出します。  一般的なポロシャツと言えば、鹿の子を使用。  凸凹のある生地感はカジュアルな印象でスポーツ感も強め。  今回の天竺ニットはその印象をガラッと変える力があります。  ポロシャツなのに上品なシャツを着ているかのような雰囲気で、クールビズ時のビジネスウェアにも最適です。  見るからにデリケートな素材なのに、ドライクリーニングはもちろん家でも水洗い可能なことも嬉しい誤算。大きな、大きなメリットです。 カラーはフェードブラックとコルクの2色展開。サイズはM/Lでご用意しました。  まずはフェードブラックのスタイリング。サイズはMを着用しています。  FADE/フェードとは「薄い」とか「弱い」という意味。つまり色味を抑えたブラックということですね。  スミクロまではいかないですが、重さを抑えたブラックの色味が最高で、生地感ともすごく合っています。  それでは、僕がこのポロシャツに惚れ込んだ2つ目の理由、「衿のデザイン」に言及していきましょう。  最近よく書きますが、すっかりノーカラーに慣れてしまった僕は、衿に高さがあると違和感を感じてしまうんです。  なので襟付きのシャツでも、首を綺麗に見せてくれるものを好みます。スティルのスモールBDシャツがお気に入りなのもその理由から。  で、こちらのポロシャツ。  国内の限られた背景でしか作れない、台衿と衿がひと続きの衿となった『ヘラシ衿』のデザインで仕立てられています。形を成形しながら編むため、仕上がりがとても綺麗で型崩れしにくい事が特徴とのこと。  「第一ボタンが台衿部分にある為、ボタンを外しても衿が広がり過ぎず、ラフにならない」というメリットをブランド側は推していますが、僕が惹かれたのはそこじゃないんです。  もちろんそれも大きなメリットですが、衿の収まりがすごく良いんですよ。釦を上まで留めた際に、衿がストンとお行儀よく収まって、首のラインがめちゃくちゃ綺麗に見えるんです。  衿自体は決して小振りにデザインされているわけではないのに、ですよ。首の長さにコンプレックスがある人間には本当にありがたい。いや、すばらしいです。  さて、これで冒頭で挙げた「ニットポロに惚れた理由2点」を何とか回収できましたね笑  しかし、タックインするわけでもなく、なんなら足元はサンダルなのに、このエレガンスな雰囲気。合わせたユナイタスのワイドスラックスの素晴らしさももちろんありますが、このニットポロだからこそ成せる業でしょう。 コルクもサイズM着用です。  コルクと言われるとピンと来ませんが、いうならばフェードブラウンという感じ。  色のトーンを抑えたブラウンは、夏でも重くならない大人の色味です。  ややゆとりを持たせてボックス+リラックスシルエット。ショーツスタイルにも相性が良いサイズ感です。 継ぎ目が目立ちにくく、編み目の厚みを抑える事が出来るリンキング処理が施された袖付けや、袖リブや前立てなどの編地も用途によって使い分けられいる等、丁寧に作り込まれている点もぜひご注目ください。  巷に溢れるポロシャツとは一線を画す雰囲気。上質を求める方にぜひおすすめしたいニットポロです。  [カラー] フェードブラック/コルク [素材] 和紙58%/ポリエステル42% 日本製 [サイズ]M/L 肩幅/身幅/着丈/袖丈 46㎝/56.5cm /69cm /27cm 48㎝/58.5cm /71cm /28㎝ ※着用画像: 168cm/55kg サイズM着用 ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンダージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。