【ベーシックなTシャツにマンネリなら!】A VONTADE PIQUE CRWEW TOP S/S ア ボンタージ 鹿の子 ニットライクT アイボリー/ブラウン
new
5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31 5eff392474b4e41f2ee5aa31

【ベーシックなTシャツにマンネリなら!】A VONTADE PIQUE CRWEW TOP S/S ア ボンタージ 鹿の子 ニットライクT アイボリー/ブラウン

¥12,100 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • アイボリー(IVORY)/ SIZE M

  • アイボリー(IVORY)/ SIZE L(ラスト1点)

  • チョコレート[BROWN]/SIZE M

  • チョコレート[BROWN]/SIZE L

■アイテム説明■ アボンタージの 鹿の子(ピケ)素材を使った半袖カットソーです。  鹿の子と言えばポロシャツですが、Tシャツ感覚で羽織れるように、よりライトウェイトに仕上げた鹿の子は拘りのオリジナル生地です。  世界三大綿の1つといわれる エジプト産の超長綿"ギザコットン"を使用。ギザコットンは植物性の油脂が適度に含まれているので、光沢のあるとろみ感が出るのが特徴で、軽さと耐久性にも定評のあるとのこと。  今回は50番手を双糸にして編んだ鹿の子。通常の鹿の子は30~40番手の糸を使用するので、このことからも今回の素材が軽く薄手に仕上がっていることが伺えるかと。  そしてもう一つの拘りがリブ。  50年代のビンテージのスウェットなどに多く見られる『針抜きリブ』を、こちらもオリジナルで作成。  『針抜きリブ』についてはマニアック過ぎるので割愛しますが笑、編地のテンションが緩く、伸縮性の高いリブに仕上がります。何より見た目がかっこいいので、デザイン的な役割もかなり大きいです。  拘りの素材と手法で仕立てられて今回の半袖カットソー。  元来、ニット生地の一種である鹿の子。  ギザコットンによる光沢とトロミ。  そしてネック、袖、裾に配された針抜きリブ。  相互的にも相性が良い、これら要素がブレンドされて醸し出される雰囲気はまさにニットTです。  しかも長い繊維で撚った、しっかりとした丈夫な生地感は水洗いが可能で、横方向への伸縮も少なく、繰り返し着用してもダレの心配もありません。 カラーはアイボリーとブラウン(表記はチョコレート)でセレクト、サイズはM/Lでのご用意です。  まずはアイボリー/Mサイズを着用しています。  シルエットも、ニットTらしさを意識してデザインされた印象です。  身幅56㎝~58㎝とゆったりめの設定。  袖丈は通常丈なんですが、肩幅が55㎝~57㎝と、通常より10㎝ほど広くドロップ気味に設定されているので5分袖の丈感になります。  加えて少し長めに設定された着丈はワイドパンツやショーツと合わせやすいシルエットバランスです。  綿を白に下晒した後に薄く染めたというアイボリーの淡く落ち着いた色味も◎  素材、デザイン、シルエット、色味の全てが見事に融合した一枚です。  そう考えると、このプライスはなかなかリーズナブルですよ。  [カラー/COLOR] アイボリー(IVORY) チョコレート(BROWN) [素材/MATERIAL] コットン(COTTON):100% [サイズ/SIZE]M/L 肩幅/身幅/着丈/袖丈 55cm/56cm/69cm/24cm 57cm/58cm/70cm/25cm SHOULDER/CHEST/LENGTH/SLEEVE 55cm/56cm/69cm/24cm 57cm/58cm/70cm/25cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※STYLING IMAGE(IVORY):168㎝/56kg SIZE M ※STYLING IMAGE(BROWN):168㎝/56kg SIZE L ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンダージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。