【無骨過ぎないニットライクなヘンリーネック!】A VONTADE PIQUE HENLY NECK S/S ア ボンタージ 鹿の子 ヘンリーネックT ブラック/アイボリー
new
5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280 5f0306df4adba00b97bf3280

【無骨過ぎないニットライクなヘンリーネック!】A VONTADE PIQUE HENLY NECK S/S ア ボンタージ 鹿の子 ヘンリーネックT ブラック/アイボリー

¥14,300 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ブラック[BLACK]/SIZE M

  • ブラック[BLACK]//SIZE L

  • アイボリー(IVORY)/ SIZE M(ラスト1点)

  • アイボリー(IVORY)/ SIZE L

■アイテム説明■ クルーネックと同素材のヘンリーネックTです。  ヘンリーネックTは毎シーズンリリースされる、実はアボンタージが最も得意とするアイテムの一つなのです。  世界三大綿の1つといわれる エジプト産の超長綿"ギザコットン"を使用 したオリジナルの鹿の子を使用。 50番手を双糸にして編んだ生地感は薄手で軽やか。ギザコットンにより光沢とトロミも特徴です。  そんな鹿の子を使用したクルーネックverは、針抜きリブの存在感もあって”ニットライク"なカットソーと称しましたが、ワーク色、ミリタリー色の強いヘンリーネックTは、クルーネックverほどニット感は出さず、な印象です。  袖口、裾には敢えて針抜きリブは採用せずスタンダードなリブに。あと袖丈も少しだけ短く設定されています。  これだけでも、ヘンリーネックのデザインと相まってグッと男っぽい印象に。一方でリラックスなシルエットはそのままに、トロミのある鹿の子の素材感もあって、無骨過ぎない仕上がりになっているのはさすがのひと言。  いや、こちらもめちゃくちゃかっこいいです。 M/Lサイズ展開。色はブラックとアイボリーです。  クルーであれヘンリーであれ、この鹿の子の素材感とくればアイボリーは外せません。  ブラックはサイズMを、アイボリーはサイズLを着用しています。  ドロップ気味のショルダー、身幅はゆったりで着丈も長めのリラックスシルエットが、ヘンリーネックの無骨なデザインと好対照で好バランスな一枚です。  クルーネックに最小限のデザインを加えたもの。  ボタンを一つ外せば、ヌケ感UP.  インナー使いすれば、スタイリング全体の印象をガラッと変化させるもの。  僕のヘンリーネックに対する印象です。  一枚持っておいて、間違いなく損はありません。 [カラー/COLOR] ブラック(BLACK) アイボリー(IVORY) [素材/MATERIAL] コットン(COTTON):100% [サイズ/SIZE]M/L 肩幅/身幅/着丈/袖丈 54cm/57cm/69cm/23cm 56cm/59cm/71cm/24cm SHOULDER/CHEST/LENGTH/SLEEVE 54cm/57cm/69cm/23cm 56cm/59cm/71cm/24cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※STYLING IMAGE(BLACK):168㎝/56kg SIZE M ※STYLING IMAGE(IVORY):168㎝/56kg SIZE L ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンダージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。