【半袖タイプを初セレクト!】Jackman DOTSUME POCKET TEE ジャックマン 度詰め ポケットTシャツ ホワイト
new
5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315 5f251739d3f16771f4a07315

【半袖タイプを初セレクト!】Jackman DOTSUME POCKET TEE ジャックマン 度詰め ポケットTシャツ ホワイト

¥9,900 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • SIZE M

  • SIZE L

  • SIZE XL

■アイテム説明■ 8月ともなると各お店さんの在庫も少なくなって、半袖Tシャツ難民の方が続出しているのでは? 実際うちもUP済みの半袖Tシャツはほぼほぼ完売か欠品サイズだらけという状況です。 それを見越して、今季のcomodaはこのタイミングで半袖Tをもうひと声ご提案させていただきます! ジャックマンの半袖Tシャツ。  ご存知、昨シーズンより七分袖でご提案している度詰めTEEシリーズの半袖verです! ホワイト一択で、今季は半袖もご用意ました。  ネーミングの通り、超度詰めに編まれたコットン生地。  極限まで目を詰めることで生まれるハリとガシガシとした肉感はすごいのひと言。 実際に触れていただければ"DOTSUME"ネーム自体がブランド化していることに納得いただけるでしょう。  そしてリブバインダーで補強した小振りながら頑丈&存在抜群の胸ポケットも見逃せません。 七分袖でも案内しましたが、ジャストに近いシルエットも特徴です。 七分袖ではオーダーミスで色ごとにサイズ展開が違うという失態を犯してしまいましたが、今回はM/L/XLでばっちりご用意しました。 今回はMサイズを着用しています。 Sサイズ体型の僕がMを着てこのシルエット。 細身やタイトまではいかない、まさにジャストサイジングです、 うちはけっこうリラックスできれいめ素材のTシャツが多いので、新鮮かと。 特に男っぽいTシャツをお探しという方には全力でおすすめした一枚です! [カラー/COLOR] オフホワイト(OFF WHITE) [素材/MATERIAL] 表地:コットン(COTTON)100% 日本製(MADE IN JAPAN) ※リバーシブル仕様ではございません。 [サイズ/SIZE]MEDEIUM/LARGE/EXTRA-LARGE 肩幅/身幅/着丈/袖丈 43cm/52cm/66cm/24cm 44cm/54cm/67cm/25cm 45cm/56cm/68cm26cm SHOULDER/CHEST/LENGTH/SLEEVE 43cm/52cm/66cm/24cm 44cm/54cm/67cm/25cm 45cm/56cm/68cm26cm ※手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※STYLING IMAGE1-6:168㎝/56kg SIZE L ※STYLING IMAGE7-10:168㎝/56kg SIZE M ■ブランド説明■ 【Jackman/ジャックマン】 Jackman (ジャックマン)は現ヒットユニオンの前身、1949年に福井県で創業された、田邊莫大小(タナベメリヤス)製作所の確かなモノ作り技術と創業者である田辺貢の精神を受け継ぎ誕生したファクトリーブランド。田辺貢は戦後アメリカンスポーツ、アメリカンベースボールに憧れ脱サラし工場を設立。当初はストッキングだけの製造でしたが、野球狂であった田辺貢は、アイデアマンとして次々と新たな技術を生み出し、その後ユニフォームやグラブの製造まで手掛けていきます。見栄をはることで豊かな心を得たいーそんな思いが裏にはありました。Jackman(ジャックマン)はその創業時からの技術と精神を引き継ぎ 独自の視点での“あまのじゃく”なモノづくりにより着る人に高度な満足感を提供しています。 ブランド名の"Jack"とは"ホームラン・高く打ち上げる"の意味を持ち、それは創業者、田辺貢の憧れていたアメリカンベースボールに由来しています。コンセプトは「アメリカンスポーツフリークのワードローブ」Made in Japan、Made in USAを中心としたこだわりのプロダクツは、熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者が愛着を持ってストックし、古いものに新しいものを加えて完成させていく…そんなワードローブを目指しています。