【入荷しました!】 AUDIENCE オーディエンス キ―ネック ビッグポケットベスト ブラック/グレー/ネイビー/チャコール/モカ
new
5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35 5f7486fe4b0839384a154e35

【入荷しました!】 AUDIENCE オーディエンス キ―ネック ビッグポケットベスト ブラック/グレー/ネイビー/チャコール/モカ

¥8,580 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ブラック/サイズM(ラスト1点)

  • ブラック/サイズL

  • ブラック/サイズXL

  • グレー/サイズM

  • グレー/サイズL(ラスト3点)

  • グレー/サイズXL (ラスト3点)

  • ネイビー/サイズM

  • ネイビー/サイズL

  • ネイビー/サイズXL

  • スミクロ/サイズM(ラスト1点)

  • スミクロ/サイズL

  • スミクロ/サイズXL

  • モカ/サイズM

  • モカ/サイズL

  • モカ/サイズXL(ラスト1点)

■アイテム説明■ プルオーバー型のベスト。  前開きのベストも良いですが、やっぱりプルオーバーのベストが上西は大好物です。  そして襟元のキ―ネックのデザイン!  最近カットソーのキ―ネックはよく見かけますが、キ―ネックのベストの提案は新鮮。  ベストと言えばクルーネック派とVネック派に分かれますが、まさにそのハイブリット。アパレル業界にも第三のベストが登場です。  さらにひと際目立つのが身頃中央にデザインされたマチ付きビッグポケット!  と、キ―ネックにビッグポケットというキャッチ―なデザインを同時に放り込んできたにもかかわらず、ごちゃ混ぜ感は無し。  リラックスなシルエットも相まって、バランス良く素晴らしい調和を見せオンリーワンのベストへと昇華させています。  さらに裾にはドローコードを配しているので、絞ることでふんわり感を生み出すことも可能です。個人的にはこれはあまり使わないかな?という印象ですが笑  昨年秋の一番人気はこちらのブラックでした。  Mサイズを着用しています。  もちろん今年の春はボートネックオーバーTとのレイヤードスタイルは外せません。  Mサイズで身幅58センチ前後とゆったりなサイジング。  着丈はスタンダードな丈感なのですっきりな印象で着こなせます。  重ねるアイテムを選ばない自慢のキ―ネックが絶妙なヌケ感で、ミリタリーライクなマチ付きビッグポケットが存在感ありあり。  素材はオーディエンス定番のエステル・レーヨン・ウレタン混紡のストレッチギャバジン。  スーツやスラックスに多く使用される度詰めに織られた丈夫な素材で、レーヨン混ならではのトロミや光沢がある上品な生地面です。  店頭で試着されたお客様の反応が漏れなく良かったのがすごく印象に残っています。  特徴的なデザインとは裏腹に、着用した様は予想以上にスタイリッシュ。  そのギャップを感じていただけたのでしょう! 【素材/生産国】 ポリエステル64%/レーヨン33%/ポリウレタン3% 日本製 【サイズ】M/L/XL 肩幅/身幅/着丈/ 38cm/58cm/65cm 40cm/60cm/67cm 43cm/62cm/69cm ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。