AUDIENCE オーディエンス ストレッチ ストライプキルト ノーカラー スナップ ジャケット ブラック/ネイビー/チャコール
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/24

AUDIENCE オーディエンス ストレッチ ストライプキルト ノーカラー スナップ ジャケット ブラック/ネイビー/チャコール

¥12,100 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • オリーブ/M(残り僅か)

  • オリーブ/L (ラスト1点)

  • オリーブ/XL (ラスト2点)

  • ブラック/M(ラスト2点)

  • ブラック/L

  • ブラック/XL(ラスト2点)

  • ネイビー/M(ラスト2点)

  • ネイビー/L (ラスト2点)

  • ネイビー/XL

  • チャコール/M

  • チャコール/L

  • チャコール/XL

■アイテム説明■ オーディエンスのノーカラージャケット。 ラグランスリーブ、袖リブ、そしてフロントはスナップ釦のアウターでもインナーでも使える万能カーディガンジャケットです。  デザイン・シルエットの良さもさることながら、皆さんが一番惹かれたのはこの素材でしょう!  ストライプキルト。  縦に縫われて接結されることでストライプ柄のような表情に仕上がったキルトで、無地ながら柄物のような存在感があります。  凹凸感と膨らみがある生地感はウォーム感があって季節感を醸し出してくれますし、2枚のコットン地が重なった、ふっくらとしたソフトな弾力があるキルトは実際暖かいです。  ゴムのようなストレッチ性もあるのでノーストレスな着用感。冬素材で手軽に水洗えるのも大きなメリットです。  しかも尾州産ときました。  ご存知ですかね?  特にウールで有名な日本を代表する生地の産地。  つまり間違いないということです。  それが!  このクオリティで!  11,000円ですから。  あのガーデニングコートのさらに上をいく、コスパ最強アイテムかもしれません。  ガーデニングコートの時もそうでしたが、店頭で「えっ、これがこの値段!?」的なお客さんの反応を見るのが嬉しいんですよね笑 Mサイズで身幅53㎝ほどなので、ややゆったり程度。とはいえ最近の傾向で考えるとスッキリなシルエットと言えますね。 これはインナー使いをする場面も多いことを想定して、収まりの良さも考えたうえでのシルエットバランスです。  Lサイズで身幅約55㎝。僕の体型でも程よくゆったりに着られて、裄丈も長くなりますが、袖リブなので手首で止まって良い感じに袖に膨らみが生まれるのも良い感じです。  Sサイズ体型の僕でも、Lサイズは問題無く、XLサイズも身幅約58㎝と広いですが、オーバーサイズがヌケ感となって良い感じで着こなせるんですよ。  これがテーラードジャケットならそうはいきません。やっぱりカーディガン的要素も強いデザインの賜物でしょう。  あと元々がそこまで大きいサイズ感ではないこと、特に袖幅をあまり広く設定していないので、サイズを上げても袖のボリューム感が出ないのも大きな要因でしょう。 素材、デザイン、サイズ感共に去年より変更無しです。 特に人気の高いオリーブとブラックは頑張ってストックを持ちましたが、とはいえ去年同様に爆発すれば、即無くってしまう数でもあります。 もう少し肌寒くなればすぐに使えますし、冬もインナーダウン代わりにめちゃくちゃ重宝します。さらに寒さの残る3月は再びアウターとして活躍してくれるので、ほんと秋冬にフルで使っていただける名作です。 【カラー】 オリーブ/ブラック/ネイビー/チャコール 【素材/生産国】 コットン57%/ポリエステル42%/ポリウレタン1% 日本製 【サイズ】M/L/XL 身幅/裄丈/着丈 53cm/82cm/65cm 55cm /84cm/67cm 58cm /86cm/70cm ※着用画像(オリーブ/チャコール):168cm/56kg サイズM着用 ※着用画像(ブラック):168cm/56kg サイズL着用 ※着用画像(ネイビー):168cm/56kg サイズXL着用 ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。