【カモフラ柄バージョンも登場!】Sunny Side Up REMAKE M-65 MILITARY JACKETサニーサイドアップ リメイクM-65 ノーカラーフィールドジャケット
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

【カモフラ柄バージョンも登場!】Sunny Side Up REMAKE M-65 MILITARY JACKETサニーサイドアップ リメイクM-65 ノーカラーフィールドジャケット

¥21,780 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • サイズ3(ラスト1点)

  • サイズ4

※サイズ4のラスト1点は肩幅55㎝/袖丈53cmと平均値より肩幅が少し広く、袖丈が短いものとなります。 ■アイテム説明■ リメイクブランドのSUNNY SIDE UP(サニーサイドアップ)が手掛ける『REMAKE M-65 MILITARY JACKET』。 初見の方は、この格好良さに衝撃を受けられたのでは? 2年前の展示会で初めてこれを見た時の僕がそうでした。 ネーミングからもお分かりの通り、アメリカ軍のフィールドジャケットの完成形とも言える『M-65』のユーズドをリメイクしたもの。 M-65フィールドジャケット。 1965年の誕生以来30年近く採用され続けたという戦闘服。その間マイナーチェンジはあったものの、大きなデザイン変更が施されていないことからもその完成度の高さが伺えます。機能性だけではなく高いファッション性も兼ね備えたフィールドジャケットは、これまで多くのブランドがデザインソースにしてきた歴史的傑作です。 そのM-65の象徴的なディティールであるスタンドネックを大胆にもノーカラーに。加えてエポレットも省略して、シルエットも今っぽく。ミリタリーならではの無骨さも残しつつ、スタイリッシュなファッションウェアーに見事に昇華させました。 一方で、背面肩部の機動性の向上を目的としたアクションプリーツ はそのままに。バックスタイルも存在感がありありです。 格好良さが止まらないとはこのこと。 さらにこれで2万アンダーというプライスも激アツです。 身幅60センチオーバーのゆったりなサイジングは、僕の体格だとざっくりと羽織るような感じでスタイリング。 先日ご紹介のボンダージのコーデュロイジャケット&スラックスと合わせて、上品なスタイルとも相性が良いミリタリージャケット振りをアピールさせていただきました。 着用される方の体格次第で色々な着こなしが出来るノーカラージャケット。これは女性にもぜひおすすめしたい! そしてビッグトピックスです! これまではレディース向けワンサイズ、メンズ向けワンサイズのサイズ展開だったんですが、今季はさらに大きなサイズが登場しました!  前回着用していたのがサイズ3、今回着用がサイズ4となります。  身幅でぐるりで4~6センチUP、着丈が3センチほど長くなります。  僕の体型だと、こんな感じでノーカラーのハーフコート的な雰囲気。  もちろん僕はこんな感じも大好物なわけで。  ただし、あくまでユーズドをリメイクしたアイテムとなります。  つまり個体差があるということ。  下記が平均のサイズ数値になりますが、2~3センチの個体差はご容赦ください。 そしてサイズ4の新登場以外にもう一つのトピックスがあります! 今季はカモフラ柄バージョンもご用意しました! カモフラ柄好きの方には堪らない一着。 いやいや、普段カモフラ柄を着られない方でも、ジャケット自体のデザインが秀逸なので取り入れていただきやすいかと。 同じくサイズ3と4でご用意でプライスも同じく19,800円です。 【重要】 こちらは古着をリメイクしたアイテムですので、1点1点状態が異なります。カモフラ柄色の濃い薄いや、傷や汚れ、釦の有無、年代によるディテールの違い、ジッパーのコンディション等々それらをご理解いただき、それをアジや風合いと捉えていただける方のみご検討をお願いいたします。ご不安な方は事前にご相談ください。 【素材】 コットン 【サイズ】3/4 肩幅/身幅/着丈/袖丈 50cm前後/60cm前後/75cm前後/56cm前後 53cm前後/65cm前後/78cm前後/57cm前後  ※手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい。平均のサイズ数値になります。ユーズド且つリメイク商品のため2~3センチの個体差はご容赦ください。 ※着用画像:身長168cm/体重56kg サイズ3 ■ブランド説明■ 【Sunny Side Up/サニーサイドアップ】 sunny side up.は、オーナーデザイナーの小森氏がパターンからディテールに至るまで自ら全てに時間をかけて作り上げているブランドです。ヴィンテージアイテムをリメイクし、独自の感性でパターンを引き、生地やシルエットにこだわった物作りをしています。 岡山県の工場で縫製工程が行われ、ひとつひとつの作業に情熱を注ぐブランドです。 現在では、デニムの愛好家やコレクターから注目を集めています。