AUDIENCE オーディエンス オックス バンドカラー ボックス Aライン シャツ
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

AUDIENCE オーディエンス オックス バンドカラー ボックス Aライン シャツ

¥8,580 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ホワイト/サイズM(ラスト2点)

  • ホワイト/サイズL

  • Lグレージュ/サイズM(ラスト1点)

  • Lグレージュ/サイズL

  • ブラック/サイズM

  • ブラック/サイズL(ラスト1点)

  • スミクロ/サイズM

  • スミクロ/サイズL

■アイテム説明■ AUDIENCEの新作オーバーシルエットシャツです!  Mサイズで、スタンダードなシャツのXLくらいの大きさをイメージしたというオーバーシルエットのサイズ感。  もちろん着丈や袖丈やちょうど良い丈感に設定。  そしてオーディエンスが得意とするAラインのボックスシルエットに落とし込むことで、野暮ったさを一切感じさせない一枚に仕上げました。  今回デザイナーさんが特に強調するのが袖のパターンワークです。  ここからはメーカーさんが熱く語った内容を、僕なりに要約して代弁しますね。  『一般的なシャツのパターンは、肩山の位置を前が長く後ろが短く、袖が前に振れるよう設定されています。  そうすることで人体構造に合わせた立体的なシルエットになるからです。  ですが、今回のBOX-Aラインシルエットは、ゆったりなサイジングのため、同様の袖のパターンを採用すると、前身頃に余計な余りが寄せられ、結果、袖ぐり周りにシワができ野暮ったくなってしまいます。  それを解消するために生まれたのが、今回の独自の新パターンです。  肩山の位置を前後同じにするという発想。  このパターンを取り入れることで、袖ぐり周りのシワが発生する問題が解消され、そればかりでなく身体のラインを拾わず、シャツ自体がふわっとした広がりを見せる理想のAラインを実現できたのです。  シャツ作りのセオリーからは外れるかもしれません。  実際にシャツ工場の社長さんには、始めは「こんなパターン、シャツではあり得ない」と言われたこともありました。  でも意図をしっかりと説明することで、最終的には意思を共有することができ作成して頂けました。  それくらいにシャツの概念を覆してまで生産に至り、ようやく完成したシャツです』   というわけです。  そんな新発想で生まれたAUDIENCEの新作シャツ。  ボタンダウン、バンドカラーの2型でご用意しました。 日本では販売されることのなかったラルフローレンの名品「BIG SHIRTS」をデザインソースに、一からパターン作成したというボタンダウンシャツ。 バンドカラーシャツはイタリア海軍のバンドカラーシャツをイメージ。  前立ては表側に出ないフレンチフロントを採用。ボタンダウンよりドレッシーに仕上げた印象です。 生地は春シャツといえばのコットンオックスフォード。  6オンスとしっかり肉感がありながら、決して厚すぎではないオールシーズンで使える生地感です。  オックスらしいナチュラルな光沢と洗いざらしでも様になる風合いが魅力です。 スタイリングはMサイズ着用。  僕みたいな普段Sサイズ体型が着ると、なかなかのビッグシルエット。  ですが前回書いたように、ボックスシルエットなうえ、袖丈や着丈が緻密に計算されたパターンは野暮ったさを一切感じさせません。  このたっぷりふんわりで、そしてAラインの美シルエット。  好きな方には堪らないシルエットバランスでしょう。 裏を見れば、「折り伏せ縫い」で綺麗に仕上げられていることもお分かりいただけるかと。 そしてこの秋は、継続のホワイトとブラックに加えてライトグレージュとスミクロが新たにラインナップに加わりました!  クオリティからは考えられないプライス設定でもありますので、ボタンダウンとバンドカラー、あるいは全色の大人買いも猛烈におすすめさせていただきます! ※チノ素材バージョンのご注文は以下のURLよりお願い致します。 https://comoda2013.com/items/611d2c0784ca6334ea93f040 【カラー】 ホワイト/ライトグレージュ/ブラック/スミクロ 【素材/生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】M/L 肩幅/身幅/袖丈/着丈 57cm/65cm/57cm/83cm/ 59cm /67cm/59cm/85cm/ ※着用画像:168cm/56kg サイズM着用 ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。