amne DRAPY CARDIGAN アンヌ ドレーピーカーディガン ブラック/グレー/アイボリー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

amne DRAPY CARDIGAN アンヌ ドレーピーカーディガン ブラック/グレー/アイボリー

¥24,200

¥16,940 税込

30%OFF

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ブラック/サイズ1(ラスト1点)

  • ブラック/サイズ2

  • グレー/サイズ1

  • グレー/サイズ2(ラスト1点)

  • アイボリー/サイズ1(ラスト1点)

  • アイボリー/サイズ2(ラスト1点)

■アイテム説明■ 今季よりcomodaでスタートするブランドのアイテムのお披露目といきましょう!  まずはブランドのご紹介からですね。  "amne"  アンヌと読みます。  2020年SSシーズンよりスタートしたばかりのニューフェイスです。  ユニセックス的な柔らかい感じのネーミングが良いですよね。  ブランド名に限らず名前ってけっこう、いやかなり重要だと思ってます。  ブランド名の雰囲気の通り、ユニセックスなアイテムを展開。  一部レディースアイテムもありますが、基本は男女問わずで着こなせる洋服がほとんど。  最近のcomodaは、ミリタリーも増え、ブランドのラインナップ的にもメンズ色が色濃くなっていましたので、amneの存在が良い中和剤になってくれると期待しています。  実はamneのデザイナーさんは以前から知り合いでして。  以前に取引していた、とあるメーカーさんの元デザイナーだったというカラクリです。  つまり独立されて、amneを立ち上げたわけですね。  でも僕は知り合いが始めたブランドという理由だけで取引きをするような人間ではありません。  けっこうドライなんです笑  実際、ファーストシーズンの昨年は展示会こそ行きましたが取引までは至りませんでした。  でも2年目となる今季はラインナップも増え、アイテムもさらに洗練されて、上記の通りcomodaで良いニュアンスになってくれると確信したわけです。  なんか偉そうですね、すいません。  というわけで、この春はブランドを代表するアイテムをご用意しました。 ファーストシーズンよりアップデートを重ねリリースされているamneのカーディガンブルゾン。 amneのラインナップの中で一番の実績を誇るアイテムです。 深めのVゾーンに一つ釦、フロント中央にビッグポケットが配置されたデザイン。 さらに両脇にも手を差し込めるシームポケット付きで袖口はカフス仕様と、ルックスはカーディガンライクながら、実際に袖を通したサマはノーカラーのカバーオールを着ているようです。 amneのラインナップは、決して派⼿ではなくベーシックでミニマルなものがメイン。 そんなベーシックなアイテムを、ちょっと特別なものと思わせてくれるのが上手なんですよね。 それは素材だったり、シルエットだったり、程よく主張が入ったデザインだったり。 今回もVゾーンの深さだったり、ポケットの大きさや位置、全体のフォルムなど、ちょっとした違いだけど、それによる印象がグッと変わる、そんな作業を繰り返して辿り着いた最良のバランスであることが伺えます。 実際に袖を通せば、お分かりいただけるかと。 色はブラック/グレー/アイボリーでご用意。 サイズは1と2で、今回はグレーはサイズ1をブラックとアイボリーは2を着用しています。 ネーミングは"DRAPY CARDIGAN" ドレーピーカーディガン。 その名の通りのドレープ感たっぷりの素材は、リヨセル綿麻混の上質素材。適度な光沢もあり、薄手で軽く、吸水吸湿性にも優れた春~夏の使用にぴったりです。 たっぷりな身幅&ラグランスリーブの丸みあるフォルムとも、めちゃくちゃ相性が良い生地感だし、この生地のチョイスはパーフェクトでしょう。 僕の体型だと、どちらもオーバーサイズになりますが、サイズ1はスッキリした印象もあり。サイズ2はほんとザックリ羽織って、とことん落ち感を楽しむ感じです。 今季はcomodaデビューということで、正直ストックは持てていません。 というわけで、こちらもピンと来られたらお早めで! [カラー] ブラック/グレー/アイボリー [素材] リヨセル45%綿40%麻15% 日本製 [サイズ]1/2 身幅/着丈/裄丈 61㎝/68cm /83cm 63㎝/69cm /85cm ※着用画像(グレー): 168cm/55kg サイズ1着用 ※着用画像(ブラック/アイボリー): 168cm/55kg サイズ2着用 ■ブランド説明■ 【amne/アンヌ】 20SS スタート。 ämneの洋服は量産された均⼀性の持つ美しさを持ちつつ、 何気ない⽇常に彩を添えられる存在である事を⼤切にしています。 オーセンティックな素材を使い、誰もが知っているようなアイテムを再構築した決して派⼿ではなくベーシックでミニマルなものが多いですが 部屋着のようにコンフォートでありながら、上品でいて気分の上がるような洋服づくりを⽬指しています。