A VONTADE FATIGUE SHORTS -ARMY RIP STOP- ア ボンタージ リップストップ ファティーグショーツ 無地3カラー
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/22

A VONTADE FATIGUE SHORTS -ARMY RIP STOP- ア ボンタージ リップストップ ファティーグショーツ 無地3カラー

¥17,600 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • キャメル/サイズS(ラスト1点)

  • キャメル/サイズM(ラスト2点)

  • キャメル/サイズL(ラスト1点)

  • オリーブ/サイズS

  • オリーブ/サイズM

  • オリーブ/サイズL

  • ブラック/サイズS(ラスト点)

  • ブラック/サイズM(ラスト2点)

  • ブラック/サイズL(ラスト1点)

■アイテム説明■ いよいよショーツのご紹介も今季ラストです! A VONTADEのファティーグショーツ。 ボンタージを代表する夏アイテムの一つながら、意外にもcomodaでは初セレクト。 諸々の条件が整い、今季ようやく展開することが出来ました。 アメリカ軍のファテーグパンツをA VONTADE流の解釈で再構築したというショーツ。 言うまでもなく、フロントの丸みを帯びたビッグポケットが最大の特徴です。 まさにこのショーツの『顔』とも云えるポケットは、手を入れ易く、且つ容量を増すためにポケット口を広く膨らみを持たせた状態でヒップにかけて流し込まれた状態で縫い付ける工夫が施されています。 バックポケットはフラップ付きのスナップボタン。深めの設定は実用性も高く、モノを落とす心配もなく必要最低限の荷物も楽々収まります。 ミリタリー感を醸し出しつつも、オリジナリティもアピール、さらに機能性にも優れているというスペシャルなカーゴポケットです。 それだけに留まりません。、 ウエストには片手でフィット感を調整出来るウェイビングベルトを装備、そして股下にはガゼットクロッチ&菊穴を付けたクライミング仕様と、さながらアウトドアショーツのディティールと取り入れられています。 ミリタリーにアウトドアのスパイスをプラスすることで、無骨さと機能性が見事に融合したショーツは、まさに今期のショーツのトリを飾るに相応しい逸品です。 そしてビッグポケットと並びミリタリー感を醸し出す要素が素材。 ミリタリーが好きな方にはお馴染みのリップストップを使用。 ただ本来はナイロンを打ち込む事で強度が格段にアップするリップストップですが、今回使用しているリップストップは強度の高い太番手のコットン糸を打ち込み、敢えて綿100%で仕上げることで天然素材ならではの風合いを活かしました。 軽量ながら適度に肉感がある生地は財布やスマホを入れてもダレることもなく、なかなか穿きごたえがあります。 というわけで、カラーはブラック、オリーブ、キャメル、タイガーカモの4色でご用意し、S/M/Lの3サイズ展開です。 股上は深く、ワタリやヒップにゆとりを持たせたシルエットは基本はいつものサイズで十分ボリュームがあります。特に腰回りのボリューム感が丁度良い塩梅で、裾幅も広く取っているので風通しも良く、かなり快適に過ごしていただけますよ。  [カラー] キャメル/オリーブ/ブラック ※タイガーカモのショッピングページは以下のURLとなります。 https://comoda2013.com/items/60e44995c3289c082209d75e [素材/生産] コットン100% 日本製 [サイズ]S/M/L ウエスト/股上/股下/裾幅 40-45㎝/33cm /21cm /29cm 42-47㎝/33.5cm /22cm /29.5㎝ 44-49㎝/34cm /23cm /30㎝ ※平置きでの計測です。手作業での計測のため、多少の誤差はご了承ください。 ※着用画像(キャメル):168cm/56kg サイズS着用 ※着用画像(ブラック/オリーブ):168cm/56kg サイズM着用 ■ブランド説明■ 【A VONTADE/ア ボンタージ】 古き良き欧米のミリタリー・ワーク・ドレス・スポーツのウェアーから、それぞれの用途に応じた「ツール」としてのインスピレーションを受け、受け継ぐべきデザインや素材、機能性を吟味しながら、今の時代に必要な価値観や日本特有の繊細さ、緻密さをプラスしてオリジナリティーのある洋服へと進化させる。*A VONTADEの洋服は、あくまでカジュアルなモノであるが、「カジュアル=日常的」に着るモノであるが故に、タフで、細部にまでこだわった末永く着れるモノでなくてはならないと考える。母国である日本でモノ作りをする事に拘りを持ち、その高い技術力を背景に、時を経ても価値あるモノ、着ていくほどに味わいを増すようなモノ作りを目指す。