AUDIENCE オーディエンス プルオーバーコックシャツ
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/29

AUDIENCE オーディエンス プルオーバーコックシャツ

¥10,780 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • アイボリー/M

  • アイボリー/L(残り僅か)

  • アイボリー/XL

  • Cベージュ/M

  • Cベージュ/L

  • Cベージュ/XL(ラスト1点)

  • オリーブ/M

  • オリーブ/L

  • オリーブ/XL(ラスト3点)

  • チャコール/M

  • チャコール/L

  • チャコール/XL

  • ブラック/M

  • ブラック/L

  • ブラック/XL

■アイテム説明■ comodaではもはや説明不要的な存在で、販売実績では間違いなく歴代TOP5に入るでしょうね。 ヨーロッパのヴィンテージのコックシャツをモチーフにした一枚。 前立てを重ねることで、シングルながらダブル風に仕立て、コックシャツ感を演出。 肩と身幅を広く取り、着丈も長めに設定したオーバーシルエットのプルオーバーシャツです。 言うまでもなく、個人的にもめちゃくちゃ気に入っていて、これまで別カラーや素材変え、七分袖バージョンと色々と別注をお願いしてきました。 が、この春は新たに生産はしなかったんです。 というのも、昨秋は別注含め5色展開で販売、つまりかなりの枚数をオーダーしましたので、この春はそれをきっちりと売り切ってしまおうと。 とはいえ、秋にほぼほぼ売れたので、ストック数は僅かです。 ですが、こちらのアイボリー、 この色だけは春に絶対欠かせないだろうということで、秋の時点で春を見越して多く生産してもらったんです。 ですので、XLは少ないんですが、MとLサイズはこの春もしっかりご用意しております。 オーバーサイズのシャツなので、僕くらいの体型ならMサイズで十分ゆったりと着こなしていただけます。 Lサイズでも、僕の身長だと丈はちょっと長くなりますが、今の気分だと肩幅や身幅的には全然問題ないです。 プルオーバーですし、今後ショーツと合わせることも多いでしょうから、ぜひお好きなサイズ感でお選びください。 素材は薄手のコットン素材、1枚で着るなら4月中旬くらいからという生地感。 肌にまとわりつかないリラックスなサイズ感は風通しも良く、夏でも問題なく使えます。 こんな感じで袖をちょっとロールアップして、リラックスパンツやショーツ、そしてサンダルと合わせる、個人的にはこんな着こなしが最高にカッコ良いシャツだと思います。 ご覧の通りシーサイドパンツとのサイズバランスは完璧です。 トップボタンまで留めてコックシャツ色全開で着るも良し、ボタンを1~2個外してヌケ感を出すも良し、です。 長めの着丈、収まりの良い薄手の生地、プルオーバー且つ特徴的なデザインはタックインスタイルにもすごく適したシャツだと思っています。 春になるにつれて、ワイドパンツにトップスをインして、という方も増えてくるでしょうから、ぜひこのコックシャツもインしてやってください。 繰り返しますが、この春での再生産はありません。 昨年秋に作った分限りですので、気温的にはまだちょっと早いですが、早めに確保していただく価値はあるシャツですよ! ■関連BLOG http://blog.livedoor.jp/comoda810/archives/1080199031.html 【カラー】 アイボリー/シナモンベージュ/オリーブ/チャコール/ブラック ※アイボリーの色味はハンガー画像をご参考ください。 【素材/生産国】 コットン100% 日本製 【サイズ】M/L/XL 肩幅/身幅/袖丈/着丈 49cm/59cm/59cm/81cm/ 51cm /61cm/60cm/83cm/ 54m /64cm/61cm/86cm/ ※着用画像(アイボリー①/チャコール/ブラック):168cm/56kg サイズM着用 ※着用画像(オリーブ/アイボリー②):168cm/56kg サイズL着用 ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。