AUDIENCE オーディエンス ストライプキルト クルーネックプルオーバー
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

AUDIENCE オーディエンス ストライプキルト クルーネックプルオーバー

¥9,790 税込

¥80,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

  • ネイビー/M

  • ネイビー/L

  • ネイビー/XL

  • ブラック/M

  • ブラック/L

  • ブラック/XL

  • オリーブ/M

  • オリーブ/L

  • オリーブXL

  • チャコール/M

  • チャコール/L

  • チャコール/XL

■アイテム説明■ 「冬に着るトップスの素材と言えば?」 と聞かれれば、 ウールやフリース、コーデュロイ、 あるいはモールスキンに起毛スウェット等々、 と色々挙がると思いますが、 これからは"ストライプキルト"もぜひ加えていただきたい。 はい、現在売れに売れているノーカラースナップジャケットに使用されている素材のストライプキルトのことです。 去年は新作ということで、ほとんどストックを持たなかった結果、即完売となりましたので記憶に残っている方は少ないかもしれません。 実は”ストライプキルト”のクルーネックTもあったのです。 2枚のコットン地が重ねたふっくらとしたソフトな弾力がある、保温性の高い尾州産キルト生地。 縦に縫われて接結されたストライプ柄のような表情は、無地ながら柄物のような存在感。 水洗いも出来るイージーケア。 そして意外にかさ張らない生地感は、アウターやミドルレイヤーだけでなく、冬のトップスにも非常に適した素材なんです。 1年目で結果が出れば、2年目はしっかりとストックを持つ、がうちのやり方ですから、今年はジャケットに負けないくらいの数をご用意しました! 色サイズはジャケットと同じく、4色/3サイズのご用意です。 まずはネイビー/Mサイズから。 ここ最近はブランドさんからもネイビー人気復活の声をよく耳にしますが、実際、ジャケットはネイビーが去年と比べてよく動いていますね。 発色の良いネイビーなんで、一枚でも、アウターの中に着込んでもすごく映えますよ。 シルエットはややゆったりなサイズ感。 身幅は広めに取っているんですが、肩幅や着丈はジャスト設定なので、全体的にはスッキリな印象のシルエットです。 スッキリと着られたい方はいつものサイズで、多少ゆるく着られたいからサイズを上げられるのがおすすめです。 ストライプキルト自体にストレッチ性があり、頭の通りが良いように襟裏には伸縮性の高いカットソー生地を配した親切設計なので、プルオーバーながら着用はノーストレスです。 ブラックとオリーブはLサイズを着用しています。 オーバーサイズ的なシルエットではないとはいえ、僕の体型でLサイズとなるとゆったりと着こなせます。 Mサイズのちょいユルでスッキリな感じも良いんですが、個人的にはこれくらいのユルさが気分です。 チャコールはさらにゆったりとXLサイズを着用しています。 チャコールと薄めブルーの配色、白のベルトを垂らしてチラリ。 寒い時期にこんな淡色のスタイリングも良さそうです。 生地の肉感はスウェットTに近く、袖リブ有りのシンプルなデザインはロンTに近く。 でもやっぱりスウェットTでもロンTでもない、オリジナリティある"キルトT"の雰囲気をぜひお楽しみください! 【カラー】 ネイビー/ブラック/オリーブ/チャコール 【素材/生産国】 コットン57%/ポリエステル42%/ポリウレタン1% 日本製 【サイズ】M/L/XL 肩幅/身幅/着丈/袖丈 44cm/54cm/65cm/60cm 46cm/56cm/67cm/61cm 48cm /59cm/70cm/62cm ※着用画像(ネイビー):168cm/56kg サイズM着用 ※着用画像(ブラック/オリーブ):168cm/56kg サイズL着用 ※着用画像(チャコール):168cm/56kg サイズXL着用 ※平置きでの計測です。手作業のため、サイズ計測の多少の誤差はご了承いただけますようお願い申し上げます。 ■ブランド説明■ 【Audience/オーディエンス 】 素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。 素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。 ご愛用頂くお客様本位の概念こそが Audienceのコンセプト。毎日着用していただける商品を目指しているからこそ、プライスもデザインの一部と考え、効率の良い裁断縫製、素材手配や工場を選定しています。作られて完成では無く ”身に着けて頂いてこそ作品は完成する ” 日本古来からのモノ作りの概念でもある「 用と美 」を心がけています。